航空写真を使用して、歴史を辿ります。

今昔航空写真

兵庫県 大阪府 施設 近畿 飛行場

【大阪国際空港】大阪第二飛行場の時は六角形

投稿日:

ざっくり解説

  • 開場は1939年
  • 1994年に関西国際空港に国際線が移管されることになる。
  • 隣接の伊丹スカイパークは家族の遊び場として最適

アクセス

アクセス方法は伊丹空港ホームページを参照してください。

歴史概略

1939年 大阪第二飛行場として開場する。

1947年 航空写真

1951年 日本航空が乗り入れ開始する。

1958年 名称「大阪空港」として、再開港する。

1959年 大阪空港が大阪国際空港となる。

1961年 航空写真

1964年 ジェット旅客機が就航する。
    航空写真

1967年 国が「航空機騒音防止法を定める。

1969年 ターミナルビル供用開始

1970年 大阪万博を迎え、大型ジェット機が就航可能となる。
    3000メートルのB滑走路が作られる。

1971年 航空写真

1973年 大阪国際空港撤去都市が宣言される。
    航空写真

1979年 航空写真

1985年 東京発大阪行、JAL123便が墜落する事故が発生した。
    航空写真

1987年 関西国際空港の建設工事が着工する。

1990年 大阪国際空港の存続について運輸省が協定書に調印

1994年 関西国際空港が開港する。
    国際線は移管されることになる。
    航空写真

1999年 南ターミナルビル、屋上デッキ「ラ・ソーラ」改修工事完了
    航空写真

2001年 北ターミナルビル改修工事完了
    航空写真

2006年 伊丹スカイパークが一部オープン

2008年 伊丹スカイパークがグランドオープン

2012年 航空写真

2018年 ターミナルの大規模改修により、中央エリアが先行開業する。

動画

昔の大阪国際空港

観光案内

大阪国際空港の全景

デッキ

デッキ

伊丹スカイパーク
大阪国際空港の滑走路隣りにある広大な公園です。
飛行機の発着陸も近くで見れるので、航空ファンが多く訪れています。
滑り台や迷路もあり、入場無料です。

まとめ

大阪国際空港は2018年4月にリニューアルされました。

飲食店も増えて駅からのアクセスも大変良くなりました。

また、2020年には手荷物検査に新システム「スマートレーン」が導入する予定となっています。

飛行機を利用しなくても遊びとして行くのも十分ありです。

Follow me!

ad

-兵庫県, 大阪府, 施設, 近畿, 飛行場
-, , , ,

Copyright© 今昔航空写真 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.