航空写真を使用して、歴史を辿ります。

今昔航空写真

中央競馬場 千葉県 施設 関東

【中山競馬場の歴史】何度も移転していた。

投稿日:

皐月賞、有馬記念とビッグレースが開催される中山競馬場。時代の波と共に何度も移転や休止が起きてきた。

今回は都内からアクセスも良い中山競馬場の歴史を辿る。

アクセス

■住所
〒273-0037 千葉県船橋市古作1-1-1

■電車・バスを利用する場合
・武蔵野線の船橋法典駅から専用地下道(動く歩道設置)で徒歩で約10分。
注意:専用地下道の通行可能時間は、開門から17時20分です。
なお、JR船橋法典駅の臨時改札口は8時00分から17時30分まで開設される。

・JR西船橋駅からバスで約15分、徒歩で約30分。
・京成東中山駅からはバスで約10分、徒歩で約20分。

注意:駐車場が少ないので公共交通機関の利用をおすすめします。

歴史概略

「中山」の由来は、施設の大半が千葉県東葛飾郡中山村に属していたことに由来する。現在地には1927年(昭和2年)10月に建設が決定され、1930年(昭和5年)に開設された。

・1906年 松戸駅近くに松戸競馬場が開設。
・1907年 松戸競馬場が開催される。
・1918年 松戸競馬場は陸軍工兵学校が開校サれるのに伴い閉鎖され、船橋へと移転する。名称を中山競馬倶楽部と改正。行徳海岸に競馬場を整備し始める。
・1923年 関東大震災で大津波が発生する。行徳海岸で間もなく完成となっていた競馬場は壊滅的な被害を受ける。これにより現在の船橋市古作へと移転することになる。
・1928年 現在の中山競馬場にて初めてのレースが開幕する。
・1942年 競馬開催中にアメリカ軍による日本本土初空襲が発生する。
・1944年 陸軍に接収され陸軍軍医学校中山出張所として使われる。
・1945年 食糧難のため麦やカボチャの畑として使用される
・1947年 中山競馬場として再開する。
・1966年 ダートコースが新設サれる。
・1978年 中山競馬場内にあった厩舎は新設サれた美浦トレーニングセンターに移動する。
・1985年 「クリスタルコーナー」という新スタンドが増築される。
・1990年 現在のメインスタンドが竣工される。
・2014年 メインスタンドなどの改修工事が1年間かけて行われる。

1945-50年

1945年場内が畑として使われていた。

1960年

1966年ダートコースが新設サれる。

1974-78年

1974年厩舎が美浦トレーニングセンターに移転される。

1979-83年

1984-86年

1985年新スタンド「クリスタルコーナー」が増築される。

1988-90年

1990年現在のメインスタンドが竣工サれる。

2001年

写真

松戸競馬場の写真(開催1906年~1918年)
松戸競馬場のスタンドらしいです。上部に「総武競馬会馬見所」と書かれている。
大正時代の中山競馬場

動画

中山競馬場のファンファーレです。

観光案内

コースの写真
パドックの写真

まとめ

現在の場所に落ち着くまでに何度か移転していた。
初めは松戸だったが、陸軍学校に使われるので移動。
行徳海岸に移転して建設の途中で津波に見舞われる。
そして現在の場所に移った。
ただ、戦争の影響で畑等に利用されてしまった。
波乱場場な歴史を歩んでいた。

Follow me!

ad

-中央競馬場, 千葉県, 施設, 関東
-, , , , , , , ,

Copyright© 今昔航空写真 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.