航空写真を使用して、歴史を辿ります。

今昔航空写真

地域 施設 東京都 関東

秋葉原の駅前はかつて“青果市場”があった!?今とはあまりにも違うアキバの歴史

投稿日:

秋葉原というとどんなイメージを持つであろうか?
アニメ・ゲーム等のショップが沢山売られているオタクの街。
外国人が大量に押し寄せて来て、家電や薬局の薬を爆買して行く街。

一昔前に遡れば、パソコンが買える街、ネジやコンデンサー等の小売店がひしめきあっている街というイメージを持つ人も少なくないのではないかと思う。

しかし、1900年代の前半まで遡ってみるとより違った姿が見えてくる。

ざっくり解説

  • 1927-1990 現在の秋葉原UDXが建っている場所には神田青果市場があった。
    1990年代になるとバスケットのコートができる。
    2006年秋葉原UDXが完成する。
  • 1940年代頃までヨドバシカメラAkibaがある辺りには、水運の要所である船溜りがあった。

アクセス

■住所:東京都千代田区外神田1丁目

歴史概略

1888年 秋葉原周辺写真

1890年 日本鉄道の秋葉原貨物取扱所として開業。

1906年 鉄道国有法により国有化。

1909年 線路名称制定により東北本線の所属となる。

1925年 東北本線上野駅 - 東京駅間の高架線が開業、旅客営業開始。

1928年 高架貨物駅第1期工事(西側貨物積卸場)完成。

1931年 高架下のスペースを利用した貨物倉庫の営業開始。

1932年 総武本線、御茶ノ水駅 - 両国駅間が開業し、乗換駅とる。この時に3層構造の高架駅となった。高架線の総武線の開通によりエスカレーターが設置されたが、これは国鉄初のエスカレーターであった。高架貨物駅第2期工事(東側貨物積卸場)が完成して、上野駅とを結ぶ地上の貨物線が廃止された。

1936年 航空写真

1942年 航空写真

1945年 太平洋戦争中に空襲(東京大空襲)に遭い駅舎が全焼。留置していた客車14両と貨車50両が焼失。

1947年 航空写真

1950年 ラジオセンター

1951年 現在の電気街口にアキハバラデパート開店。

1953年 貨物取扱除外品目に「軽火工品」を追加。

1956年 航空写真

1960年 秋葉原貨物駅

1962年 帝都高速度交通営団(営団地下鉄)日比谷線秋葉原駅開業。

1963年 秋葉原貨物駅

1965年 日本最長(当時)のエスカレーターが昭和通り口=総武線ホーム間に設置。

1971年 航空写真

1975年 貨物営業廃止。

1979年 航空写真

1987年 国鉄分割民営化に伴い、国鉄の駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となる。東北本線は長らく東海道本線との乗り入れを行っていたが、上野駅 - 東京駅間の東北本線線路用地の一部を東北新幹線用に使用することが決定したため、連絡運転が停止された。

1989年 航空写真

1993年 営団の駅で駅冷房を開始。
    営団で継続定期券発売機を導入。

1997年 航空写真

2001年 JR東日本でICカード「Suica」の利用が可能となる。

2004年 帝都高速度交通営団(営団地下鉄)民営化に伴い、日比谷線の駅は東京地下鉄(東京メトロ)に継承される。

2005年 昭和通り口にアトレヴィ秋葉原が開業。
    旧貨物駅跡地にJR駅の中央口改札を新設。
    首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス開業。

2006年 アキハバラデパートが閉店。同時にデパート口改札を閉鎖。

2007年 東京メトロ・首都圏新都市鉄道でICカード「PASMO」の利用が可能となる。

2009年 航空写真

2010年 アキハバラデパート跡地に新駅ビル完成、アトレ秋葉原1が開業。アトレヴィ秋葉原がアトレ秋葉原2に改称。旧デパート口改札をアトレ1改札口と改称して再設置。

2013年 日比谷線秋葉原駅において、都営地下鉄新宿線岩本町駅との連絡運輸を開始、同駅との乗継割引が適用されるようになる。

2017年 4月中旬完了予定でJR東日本秋葉原ビルの解体を開始。跡地には9階建てのホテルを建設予定。

2019年 JR東日本の駅が業務委託化。
    航空写真

動画

1958年の秋葉原駅前映像
注目してもらいたいのが電車・バス・車・自転車の古さ
歩行者天国になる通りに路面電車が走っていることも驚きである。

観光案内

まずは秋葉原駅を中心とした全景

東方面から
右手前の緑色がヨドバシカメラ、左手前に本屋の書泉がある。

西方面から
右手にかかるのが万世橋である。

南方面から
写真の奥の方が上野である。

北方面から
写真奥の方が東京駅である。

神田青果市場

神田青果市場は線路脇にあり、下の写真の縦長建屋がある場所である。

当時の新聞には以下のような記事も紹介されている。
上の写真と下の写真は同じ場所が撮影されているのがわかる。

この中では下のように競りが行われていた。
上には静岡みかん売場の文字が書かれている。

もちろん現在は市場が無くなってしまっていて、以下の様な跡が残っているくらいである。
JRの明神坂ガードしたを潜ると「蔬菜東口売場」の文字が残っている。

あとは、発祥の地の石碑が残っている。

秋葉原は変化の大きな街です。

青果市場から電気街になりオタクの街へと変わってきました。
きっと10年後は今とは違った景色となり、新たなブームの発祥の地となっていくことでしょう。

Follow me!

ad

-地域, 施設, 東京都, 関東,
-, , , ,

Copyright© 今昔航空写真 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.